So-net無料ブログ作成

改めて 12/11 浜田省吾 ON THE ROAD 2016 "Journey of a song writer" in SSA [音楽]

改めまして昨夜、浜田省吾のライブに行ってきました!

中学のころから好きだったんだけどライブに行くのはこれが初めてです。というか40歳超えてからAKBGの現場に行くようになった自分にとってはそれまで他アーティスト含めてほとんどライブに行ったことがありませんでした。今回30年の在宅を経て現場に行こうと思ったのもライブの楽しさを遅まきながら知ったというところもあります。きっかけは嫁さんの希望で昔の自分だったら行かなかったですね。改めて嫁さんとAKBGに感謝したいですww

会場はきっと古参の方々ばかりなのだろうなと思いながら現場に向かったのですが、まあ実際40歳代~の方々がかなり多かったです。twitterなどを検索すると始めていくという方のツイートも結構あったのですがそれでも17000人の中の一握りなのでしょう。盛り上がれるか心配になります。

座席は現地でチケットを発券するまでわからないシステムです。アイドルのコンサートだとどれだけメンバーに近い席かってことが重要ですが浜田省吾のような聞かせるアーティストでファンも大人だからできることなのでしょう。ちなみに私が引いた座席はアリーナの真ん中より少し後ろ寄り中央でした。アリーナは平坦なのでスタンド前方ぐらいの方が正直見やすいですね。背の低い女性はなおさらです。でもアリーナにはアリーナの良さもあります。
IMAG0971.jpg

自分が浜田省吾をよく聞いていたのは中学~高校ぐらいのころです。大人になってからもそこそこ聞いていましたが私の中の最新曲は「I am a father」で止まっています。調べたらリリースされたのが2005年、もう10年以上前でした。おかしいなあ??ついこないだったような気がしたんだけどww 嫁さんに提供されたニューアルバムも何回か聞いて事前に予習しましたがいきなりそんなに覚えられません。

そんな不安は始まってすぐに払しょくされました。前半の楽曲は私の青春時代に聞いた曲がほとんどでしかも昔から変わらない歌声、変なアレンジもなく聞かせてくれました。昔の記憶が走馬灯のように・・・。曲に合わせて手を上げたり振ったり声を出したりはうまくできないけど昔テープ(笑)に録音して聞いていたそのままの歌声を堪能しました。懐かしいなあ。

若い頃に聞いていた曲はどれも思い入れがあるけど、結構最近の曲で思い入れがあるのは「星の指輪」です。嫁さんとまだ付き合って間もない頃カラオケでヘタクソな「星の指輪」を歌ったなあ...( - -)トオイメ 「星の指輪」もそうだし「I am a father」もそうだけど自分世代のことを歌っている曲はグッときますね。浜田省吾の曲は昔からその世代世代に響く楽曲ばかりです。私よりも少し上の世代の方々で昔からのファンの方はずっとリアルタイムに自分のことを歌っている錯覚に陥る、その歌詞の内容に共感できる曲が多いですね。

特に私みたいに昔から聞いていたけど初めてライブに来たようなタイプにうれしいのは楽曲に変なアレンジや歌詞の改変、謎のメッセージなどが加えられていないことですね。昔の曲はそのまま聞きたいですもの。人それぞれですけどね。


もっと早く現場に出向けばよかったというところもありますが、40歳を超えて初めて参加できたからこそ感じることができた思いもありました。自分が若い頃からずっと変わらない浜田省吾の歌声とメッセージ、変わってしまった自分、いろいろなことをあきらめてしまった自分。考えさせられるなあ・・・・・。


Down by the Mainstreet

Down by the Mainstreet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1999/09/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

浜田省吾 さいたまスーパーアリーナ [音楽]

中学生の頃から好きだった浜田省吾のコンサート初参戦!
ドキドキ

tmp_19365-IMAG0968-68039761.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。