So-net無料ブログ作成

穴井キャップ最後の握手会 [HKT48]

今日はチームHキャプテン穴井千尋さんの最後の握手会でしたね。5年間の活動お疲れ様でした!こんなところで言っても伝わらないと言われそうですがちゃんと関東全握で直接行ってきましたよ。
そのとき「卒業の決断に後悔はないですか?」と聞いたら力強く「もちろん!」と答えてくれました。卒業は悲しいけどキャップの決めた人生です。未来へ向けて頑張ってほしいですね。

それにしてもキャップは不思議な魅力でみんなに愛されたキャプテンでした。ポンコツな一面もあるけれど本当のポンコツだったら5年間もキャプテン務められません。そこがキャップの魅力だったのだと思います。ポンコツでほっとけない雰囲気だけど実は一本芯が通っている、そんな感じですかね。

キャプテンやリーダーに必要なものってなんですかね?私はカリスマ性だと思ってます。どんなに厳しくてグイグイ行くタイプでもカリスマ性がないと嫌わてしまう。逆にカリスマ性があればなぜか厳しいことを言われても説得力がある。柔らかい物腰のタイプのリーダーでもカリスマ性のある人だとなぜか組織が成り立つ。もちろん言動や行動から尊敬のできる人間だからこそカリスマ性を感じるのでしょうけどそれって結構天性のもので努力で身につくものでもない気がします。「努力は必ず報われる」と連呼していた高橋みなみもカリスマ性が備わっていました。もちろん人一倍努力していたでしょうけどね。
穴井キャップにもそんなカリスマ性が備わっていたのだと思います。この人の為だったらがんばろう、ついていこうという雰囲気があったのでしょうね。

HKT48も徐々に卒業するメンバーが増えてきました。きっとこれからも卒業するメンバーは出てくることでしょう。卒業するときにはみんなに心から「いってらっしゃい!」と言われるような卒業をしてほしいものです。いーちゃん卒業からHKT定番になった卒業時の「いってらっしゃい!」 少しクサい感じもするけどほかのAKBGにないとても良い慣習だと思います。応援するオタクも卒業していくメンバーも後悔のない活動、そして卒業を迎えてほしいと心から思います。卒業してからグループの活動が後悔しかなかったなんて言われたら悲しいですから。

余談ですが私はHKTにハマる前、アイドルがグループを辞めるときに「卒業」ということがきれいごとに見えて「脱退」だろ!と斜に構えてみていました。今となっては「キレイゴトでもいいじゃないか?」という感じですかねww
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。